OpenCLMemoryLoad
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

OpenCLMemoryLoad[list]
listOpenCLMemoryマネージャにロードし,OpenCLMemoryを返す.


特定の type を持つ listOpenCLMemoryマネージャにロードし,OpenCLMemoryを返す.

詳細詳細

  • OpenCLLink アプリケーションは,Needs["OpenCLLink`"]を使ってロードしなければならない.
  • 有効なの型:
  • IntegerRealComplex
    "Byte""Bit16""Integer"
    "Byte[2]""Bit16[2]""Integer32[2]"
    "Byte[4]""Bit16[4]""Integer32[4]"
    "Byte[8]""Bit16[8]""Integer32[8]"
    "Byte[16]""Bit16[16]""Integer32[16]"
    "UnsignedByte""UnsignedBit16""Float"
    "UnsignedByte[2]""UnsignedBit16[2]""Float[2]"
    "UnsignedByte[4]""UnsignedBit16[4]""Float[4]"
    "UnsignedByte[8]""UnsignedBit16[8]""Float[8]"
    "UnsignedByte[16]""UnsignedBit16[16]""Float[16]"
    "Double""Double[2]""Double[4]"
    "Double[8]""Double[16]"
  • OpenCLMemoryは,OpenCLMemoryInformationを使って問合せを行うことができる.
  • OpenCLMemoryは,OpenCLMemoryGetを使って取り込まれる.
  • OpenCLMemoryは,OpenCLMemoryUnloadを使ってアンロードされる.
  • OpenCLMemoryAllocateは,メモリが出力メモリ等に書き込まれるために割り当てられなければならない場合に使用される.
  • 使用できるオプション:
  • "Device"Automatic計算に使用するOpenCLデバイス
    "Platform"Automatic計算に使用するOpenCLプラットフォーム
    "TargetPrecision"Automatic計算で使用する精度

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

まず OpenCLLink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

リストConstantArray[0,10]OpenCLLink メモリマネージャに登録する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ベクトルの型はロードすることができるが,型の幅の必要条件(例えば,の幅は16である)に従わなければならない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

さもなければ,エラーが返される:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

画像をOpenCLMemoryとしてロードすることができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

デフォルトで,画像は整数のリストとして表されるが,別の型を使うこともできる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

グラフィックスオブジェクトを追加する際には,オブジェクトはラスタライズされる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

メモリを得ようとすると,画像が返される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

を使う場合,のどちらであるかは,OpenCLデバイスによる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

この場合は,システムが倍精度をサポートする.これはオプションを使って無効にすることができる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=