How to | プロットの凡例を作成する方法

Wolfram言語はプロットをカスタマイズしたり,プロットに注釈を付けたりするための数多くのオプションを提供する.凡例はプロットに加えて,他のWolfram言語グラフィックスをカスタマイズする場合と同じ多くの方法を使ってカスタマイズすることができる.

ビデオからの例題のいくつかを以下に挙げる.

まずPlotLegendsパッケージをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

PlotLegendオプションを使って凡例付きのプロットを生成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

プロットに使用したスタイルは凡例にも反映される:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

PlotLegendsパッケージは,密度プロットや等高線プロットのカラーバーを生成するのにも使用することができる.しかし,これは生成するのにはもう少し手間がかかり,プロットの結果についてもっとよく知っている必要がある.

ShowLegendを使って,DensityPlotで生成されたグラフィックスの凡例を表すことができる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

同様にShowLegendContourPlotに使うことができる:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

凡例は,LegendPositionLegendShadowLegendBackgroundLegendBorderShadowBackground等のオプションを使ってプログラム的にカスタマイズすることもできる.この方法については,スクリーンキャストで詳しく説明されている.

ここで示されている方法は,Wolfram言語のグラフに凡例を加える場合には使えない.この詳細については,「グラフの凡例を作成する方法」を参照のこと.