HatDiagonal

バージョン7.0の時点で,HatDiagonalLinearModelFitおよびNonlinearModelFitのプロパティとなっている.

HatDiagonal
RegressionReportオプションに可能な値であり,ハット行列の対角要素を表す.

詳細詳細

  • HatDiagonalを使うためには,まず回帰一般関数パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["LinearRegression`"]またはNeeds["NonlinearRegression`"]を実行して,自動的に回帰一般関数パッケージをロードするかNeeds["RegressionCommon`"]を使って直接パッケージをロードする.
  • HatDiagonalはデータ点の影響力についての診断で用いられる.
  • ハット行列 で与えられる. は計画行列である.
  • が応答ベクトルならば, は予測される応答ベクトルを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

In[1]:=
Click for copyable input

標本データ:

In[2]:=
Click for copyable input

線形回帰に対するHatDiagonal

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=