共鳴吸収線パッケージ

に定義されている関数を使うと,共鳴吸収線の原子データ表全体が効率的に検索できる.また,特定の元素や特定の波長域の吸収マップを求めるための関数も含まれている.

FindIons[wavelength1,wavelength2]から での波長域における共鳴吸収線を返す

共鳴吸収線を求める

パッケージをロードする.
In[1]:=
Click for copyable input
1215Åから1220 Åまでの範囲の波長の共鳴吸収線を求める.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
AtomicData[element]指定の元素により生成される共鳴吸収線のスペクトルデータを返す
VacuumWavelength[element]指定の元素により生成される共鳴吸収線の真空中の波長のリストを返す

共鳴吸収線の特性

AtomicData[element]は指定の元素が生成する線の特性のリストを返す.この特性には,真空中の波長,空気中の波長,下位項の微細構造エネルギー,下準位の統計的重率,上準位の統計的重率,相対強度,遷移確率,減衰定数,元素の振動子強度が含まれる.個々の特性は関数VacuumWavelengthAirWavelengthLowerTermFineStructureEnergyLowerStatisticalWeightUpperStatisticalWeightRelativeStrengthTransitionProbabilityDampingConstantOscillatorStrengthを使って選択できる.

AirWavelength[element]のペアのリストを返す.ここで, は指定の元素により生成された共鳴吸収線の真空中の波長, は空気中での波長である
LowerTermFineStructureEnergy[element]のペアのリストを返す.ここで,energy は指定の元素により生成されたスペクトル線の微細構造準位の下位項のエネルギーである
LowerStatisticalWeight[element]のペアのリストを返す.ここで,weight は指定の元素により生成されたスペクトル線の下準位の統計的重率である
UpperStatisticalWeight[element]の組のリストを返す.ここで,weight は指定の元素により生成されたスペクトル線の上準位の統計的重率である
RelativeStrength[element]の組のリストを返す.ここで,strength は指定の元素により生成されたスペクトル線の相対強度である
TransitionProbability[element]の組のリストを返す.ここで,probability は指定の元素により生成されたスペクトル線の自然遷移確率である
DampingConstant[element]の組のリストを返す.ここで,damping は指定の元素により生成されたスペクトル線の減衰定数である
OscillatorStrength[element]の組のリストを返す.ここで,strength は指定の元素により生成されたスペクトル線の吸収振動子強度である

共鳴吸収線の特性と,対応する真空中の波長

ベリリウムが生成する共鳴吸収線の真空中の波長と振動強度のリスト.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

元素のイオン化レベルは,特性関数の第2引数としてダブルクォート付きのローマ数字のいずれかを与えることで指定できる.

イオン化レベルIにおいてベリリウムが生成する共鳴吸収線の真空中の波長と振動強度の組のデータリスト.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
WavelengthAbsorptionMap[wavelength1,wavelength2]の間の波長域の吸収マップを返す
ElementAbsorptionMap[element]指定の元素の吸収マップを返す
ElementAbsorptionMap[element,ionstage]指定のイオン化準位での元素の吸収マップを返す

吸収マップ

1213Åから1215Åまでの範囲の吸収マップ.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
水素の吸収マップ.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
スペクトルの特定の領域を拡大することもできる.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
イオン化準位Iにおける炭素の吸収マップ.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=