SplineFit

バージョン7.0現在で,スプラインパッケージの機能のいくつかがWolfram言語カーネルに組み込まれている.


から指定された typeSplineFunctionオブジェクトを生成する.

詳細詳細

  • を使うためには,まずスプラインパッケージ をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • SplineFunctionオブジェクトは,引数0が に,1が に,のように順に対応するような点 により指定された曲線をパラメータ化する関数である.
  • サポートされるタイプはCubicBezierCompositeBezierである.
  • 三次スプラインは 連続の区分的な三次多項式から構成され,それが生成されたそれぞれの点を補間する.端点におけるスプラインの二次導関数は0に設定される.
  • ベジエスプラインは端点のみを補間する.その他の点がスプラインを制御し凸包を形成する.n 個の点が与えられると,次数 のスプラインが生成される.
  • 合成ベジエスプラインは 連続の三次ベジエ曲線連続で構成される.これは補間する点と制御点が交互になっている.
  • 偶数個の点から生成された合成ベジエスプラインでは,最終の点が補間点で,最後から2番目の点が最終部分の制御点となるよう,最後の2点が入れ替わる.奇数個の場合は,最後の頂点が2倍になる.
  • は二次元に限定されない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

In[1]:=
Click for copyable input

は適切なタイプのSplineFunctionを返す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

3種類のスプラインをランダムな5つの点の集合にフィットする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

結果のスプラインをプロットする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

は任意の次元で使える:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=