KinematicViscosity

バージョン10.0の時点で,標準大気機能はWolfram言語に組み込まれている

KinematicViscosity[altitude]
指定された高度 altitude での動粘度を返す.

詳細詳細

  • KinematicViscosityを使うためには,まず標準大気パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["StandardAtmosphere`"]を実行する必要がある.
  • 高度 altitudeMeter等の距離の単位を使って指定することができる.