OBSOLETE STATISTICAL PLOTS パッケージ シンボル

BoxWhiskerPlot

バージョン8.0から,BoxWhiskerChartという名前に変更され,組込みのWolfram言語カーネルの一部になった.

BoxWhiskerPlot[data]
指定された data のベクトルの箱ひげ図を生成する.


複数の箱ひげ図を生成する.

BoxWhiskerPlot[matrix]
matrix の各列を別々の箱に使用して,複数の箱ひげ図を生成する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず統計プロットをロードしなくてはならない.それにはNeeds["StatisticalPlots`"]を実行する必要がある.
  • は,中央値を囲む2分位数の間の距離に渡る箱のプロットを作成する.この中央値は,データ集合全体あるいは外れ値を除いたデータ集合に渡り広がる直線(ひげ)を持つ.
  • デフォルトの箱は第1四分位数から第3四分位数までに渡る.
  • 使用される分位数はQuantileを使って計算されるものに等しい.
  • 近い外れ値とは,箱の端から四分位範囲の倍を超える点,遠い外れ値は同範囲の3倍を超える点と定義される.
  • Graphicsと同じオプションを持ち,次のような追加および変更点がある:
  • BoxExtraSpacing0箱と箱の間に置く追加スペース
    BoxFillingStyleAutomatic箱に使う色
    BoxLabelsAutomatic箱のラベル
    BoxLineStyleAutomaticグラフの線のスタイル
    BoxMedianStyleAutomatic中線の追加スタイル
    BoxOrientationVerticalプロットの向き
    BoxOutlierMarkersAutomatic外れ値のマーカー
    BoxOutliersNoneどの外れ値を示すか
    BoxQuantile0.25箱の端に対する中央値からの分位数の距離
    FrameTrueプロットの周囲に枠を描画するかどうか
  • BoxLineStyleBoxMedianStyleは,線に対するどの有効なグラフィックス指示子でもよい.
  • BoxOrientationに有効な設定はである.
  • BoxOutliersに有効な設定はNoneAutomaticAllである.
  • BoxOutlierMarkersに有効な設定はPlotMarkersでの設定と同じである.
  • BoxQuantileに有効な設定は0との間の数である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

In[1]:=
Click for copyable input

標準的な正規分布の標本に対する箱ひげ図:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

正規分布の標本と一様分布の標本に対する箱ひげ図:

In[3]:=
Click for copyable input
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=