バージョン9.0で,ベクトル解析機能はWolfram言語に組み込まれた

ベクトル解析パッケージ

物理系では,ある座標系を特に有用にするような特殊な対称性や構造が見られることがよくある.このような系に関連する問題に対する数学的に洗練された解では,最も重要なステップは正しい座標系を選ぶことにある場合が多い.このパッケージには,さまざまな3次元座標系における微積分を実行するための多様なツールが含まれている.

参照項目参照項目

SetCoordinates デフォルトの座標系を設定する

    

CoordinateSystem デフォルトの座標系

Coordinates デフォルト座標系のデフォルトの変数

座標系 »

Bipolar  ▪  Bispherical  ▪  Cartesian  ▪  ...

パラメータ

CoordinateRanges 座標変数の範囲となる区間

Parameters 座標系のデフォルトパラメータ

ParameterRanges 座標系のパラメータの値の範囲

座標変換

CoordinatesToCartesian 座標を直交座標に変換する

CoordinatesFromCartesian 直交座標から座標を変換する

ベクトル解析

Div  ▪  Curl  ▪  Grad  ▪  Laplacian  ▪  Biharmonic

ArcLengthFactor パラメータ化された曲線に沿った弧長の導関数

JacobianMatrix 座標変換導関数行列

JacobianDeterminant ヤコビ行列の行列式

ScaleFactors スケール因子のリスト

DotProduct  ▪  CrossProduct  ▪  ScalarTripleProduct