ScaleFactors

バージョン9.0で,ベクトル解析機能はWolfram言語に組み込まれた

ScaleFactors[pt]
デフォルト座標系の点 pt におけるスケール係数のリストを与える.


座標系 coordsys おけるスケール係数のリストを与える.

詳細詳細

  • を使うためには,まずベクトル解析パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["VectorAnalysis`"]を実行する必要がある.
  • スケール係数はで与えられる.ここで , , は,指定されている場合は座標系 coordsys の座標であり,それ以外の場合はデフォルト座標系の座標である.
  • pt の座標は,指定されている場合は座標系 coordsys の座標で与え,それ以外の場合はデフォルト座標系の座標で与えなければならない.
  • pt が与えられない場合は,coordsys のデフォルト座標変数が使われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

In[1]:=
Click for copyable input

円筒座標に対するスケール係数:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ヤコビ行列式はスケール係数の積である:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=