ToVerboseXML

ToVerboseXML[expr]
expr の要素と属性の全名前空間情報を明示的に示す,同等する記号的なXML式を生成する.


pattern に一致する名前空間のみ公表する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • を使うためには,まずNeeds["XML`"]を使ってXMLパッケージをロードする必要がある.
  • 使用可能オプション:
  • "AttributesDefaultNameSpace""NullNameSpace"属性の名前空間がどのように展開されるかを制御する

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

In[1]:=
Click for copyable input

XMLの例を作成する:

In[2]:=
Click for copyable input

を使うと,要素の明示的な名前空間情報が得られる.のデフォルトの値では,属性の名前空間は空の文字列()に設定される:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

に設定すると,囲っている要素の名前空間が使われる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=