代数的整数論

Wolfram言語の最新の代数的整数論機能は,便利な代数的数の記号表現を使って,歴史的に最も豊かな純粋数学の分野のひとつの明確な実装を提供する.すべてはWolfram言語の強力で一様な環境に統合されている.

参照項目参照項目

代数的数と表現 »

AlgebraicNumber 特定の体で表現された代数的数

Root 多項式の根を表す

RootApproximant 根の近似

IsolatingInterval  ▪  MinimalPolynomial  ▪  AlgebraicNumberPolynomial  ▪  ...

AlgebraicIntegerQ  ▪  AlgebraicUnitQ  ▪  RootOfUnityQ

AlgebraicNumberNorm  ▪  AlgebraicNumberTrace  ▪  AlgebraicNumberDenominator

代数的数体

ToNumberField 共通の数体を求める,または指定の数体で数を表現する

NumberFieldIntegralBasis  ▪  NumberFieldClassNumber  ▪  NumberFieldDiscriminant

NumberFieldRegulator  ▪  NumberFieldSignature

NumberFieldNormRepresentatives  ▪  NumberFieldFundamentalUnits  ▪  NumberFieldRootsOfUnity

因数分解

FactorInteger 整数の因数分解

Factor 多項式の因数分解

GaussianIntegers ガウス(Gaussian)整数における因数分解を可能にする

Extension 整数論的演算および多項式演算のための拡大体

RootReduce 代数的数を最小のRoot形式に簡約する

ToRadicals 明示的な根に変換する