状態空間モデルの解析

Wolfram言語は線形系の可制御性と可観測性の計算と検証に必要な関数一式と,希望の可制御性と可観測性での分解を生成する高度な関数を提供する.

参照項目参照項目

可制御性と可観測性の特性

ControllableModelQ 状態が入力から制御可能であるかどうかを検証する

ObservableModelQ 状態が出力から観測可能であるかどうかを検証する

ControllabilityMatrix  ▪  ObservabilityMatrix  ▪  OutputControllableModelQ  ▪  OutputControllabilityMatrix  ▪  ControllabilityGramian  ▪  ObservabilityGramian

可制御性と可観測性の変換

MinimalStateSpaceModel 制御および観測が可能な部分系を与える

InternallyBalancedDecomposition 状態の可制御性および可観測性の平衡を保つ

DualSystemsModel  ▪  ControllableDecomposition  ▪  ObservableDecomposition

一般的な変換

StateSpaceTransform モデルの状態の座標変換

JordanModelDecomposition 状態行列をジョルダン(Jordan)標準形に変換する

KroneckerModelDecomposition 高速・低速の部分系を分離する