グラフィックスの注釈付けと結合

Wolfram言語の統合された記号フレームワークでは,グラフィックスの表示,配置,注釈付け,操作は,Wolfram言語のパワフルなプログラミング,レイアウト,インタラクティブ機能プリミティブを使って他の式と全く同じように扱われる.

参照項目参照項目

ラベルと枠 »

PlotLabel  ▪  Frame  ▪  FrameLabel  ▪  AxesLabel

動的注釈

Tooltip 任意のオブジェクトにツールチップを加える

Mouseover  ▪  StatusArea  ▪  Annotation  ▪  PopupWindow  ▪  MouseAnnotation

グラフィックスの結合 »

{,,} グラフィックスのリストとして表示する

GraphicsGrid サイズ変更可能なグラフィックスのグリッドとして表示する

GraphicsRow  ▪  GraphicsColumn  ▪  Riffle

Show グラフィックスを重ねて表示する

Inset グラフィックスの中にグラフィックスや任意のオブジェクトを挿入する

LabeledFramed 全体的なラベルまたは枠を与える

動的な連結

ListAnimate グラフィックスのリストをアニメーション化する

SlideView  ▪  TabView  ▪  FlipView