属性

Wolfram言語のシンボルはすべてさまざまな型の値と,シンボルの動作全体を定義する,個々に設定可能な種々の属性の両方を持つことができる.

参照項目参照項目

Attributes シンボルの属性を求める

SetAttributesClearAttributes 属性を設定,クリアする

関数の属性

Listable 引数に現れるリストに自動的に縫い込む

Flat 等と等価であるようにする(結合性)

Orderless 等と等価であるようにする(交換性)

OneIdentity a 等と等価であるように扱う(冪等性)

関数の引数の評価

HoldFirst  ▪  HoldRest  ▪  HoldAll  ▪  HoldAllComplete  ▪  SequenceHold

数値関連の属性

NumericFunction 数値関数として扱う

NHoldFirst  ▪  NHoldRest  ▪  NHoldAll

Constant 微分等において定数として扱う

シンボル空間

Stub DeclarePackage等によって作成された外枠

Temporary Module等の一時的な局所変数

保護

Protected 再定義から防護する

ReadProtected  ▪  Protect  ▪  Unprotect

Locked すべての属性をロックする(設定可能であるがクリア可能ではない)

Function 場合によっては属性を伴う純関数