プログラム中の基本的な入出力

Wolframシステムの標準ノートブックインターフェースでは,ユーザはShift+Returnを押す度に直接入力を渡して出力を得ている.より原始的な言語に比べるとめったに必要ないが,Wolfram言語では計算において入力を得て出力を副次的なものとして生成することも可能である.

参照項目参照項目

Print グラフィックスを含む任意の式を出力として表示する

PrintTemporary 一時的に表示し,計算が終ったら削除する

フォーマットされた出力 »

"string" (String)  ▪  Row  ▪  Column  ▪  ...

InputInputString 式,文字列の入力を要求するダイアログを表示する

Pause  ▪  Beep  ▪  EmitSound

ファイル操作 »

ImportExport 何百もの形式にインポート・エキスポートする

OpenWrite  ▪  OpenRead  ▪  Write  ▪  Read  ▪  ReadList  ▪  ...