ブール計算

Wolfram言語はそのコアとなる記号アーキテクチャを基盤として構築されているため,Wolfram言語を使用すると最新の非常に強力なブール計算に即座にアクセスできる.Wolfram言語はブール関数の高度に一般化された記号表現と,「無関係」引数・変数の完全なサポートにより,最新のブール関数変換,最小化,消去,充足可能性,解析を提供し,証明,検証,その他何百から何十万もの変数を使用する用途を可能にする.

参照項目参照項目

基本的なブール演算子

And(&&)  ▪  Or(||)  ▪  Not(!¬)  ▪  Nand()  ▪  Nor()  ▪  Xor() Xnor()  ▪  Implies()  ▪  Equivalent()  ▪  Majority

TrueFalse 記号的な真理値

Boole 記号的な真理値を0と1に変換する

特別なブール関数

BooleanCountingFunction 個の変数のうちの 個が真

BooleanConsecutiveFunction 個の変数のうちの連続した 個が真

一般的なブール関数

BooleanFunction 一般的なブール関数(ID,「無関係」を使ったマッピング,...)

BooleanMintermsBooleanMaxterms 最小項,最大項の組合せ

ConjunctionDisjunction 変数のリストについてのANDとOR(を参照)

リストの述語

AllTrue  ▪  AnyTrue  ▪  NoneTrue

ブール構造

BooleanTable 真理ベクトルや一般化された真理表を作成する

BooleanVariables ブール式の変数を見付ける

UnateQ ブール式がユネイト(単調)であるかどうかを検証する

変換と最小化

BooleanConvert 指定の形式に変換する(CNF,DNF,ESOP,NOR,BFF,...)

BooleanMinimize 最小のブール形式を求める

ブール関数の判定

SatisfiableQ 関数がTrueを返す入力があるかどうかを判定する

SatisfiabilityCount Trueを返す入力がいくつあるかを数える

SatisfiabilityInstances Trueを返すような入力を求める

TautologyQ 可能なすべての入力に対してTrueを返すかどうかを判定する

述語論理

ForAll (),Exists () ブール変数について定量化する

Resolve ブール式から定量化された変数を取り除く

LogicalExpand ブール演算子,ブール方程式を含む式を展開する

反復ブール系 »

CellularAutomaton  ▪  TuringMachine

ビットベクトル演算 »

BitAnd  ▪  BitOr  ▪  BitXor  ▪  BitLength  ▪  BitShiftLeft  ▪  BitSet  ▪  ...

数値的ブール計算

NearestFindClusters ブールベクトルに作用する

HammingDistance  ▪  MatchingDissimilarity  ▪  ...

MinimizeMaximize ブールの最適化