セルスタイルオプション

Wolfram言語には,ノートブックのセルのスタイルのための多くのオプションがある.よく使われるスタイルオプションは書式メニューから直接選べる.スタイルオプションはすべて,Styleおよび関連関数を使ってプログラムで設定できる他,オプションインスペクタからインタラクティブにアクセスすることもできる.セルの内容に対するスタイルオプションは完全なセルレベルにおいても指定できる.

参照項目参照項目

書式 スタイル セルのスタイルを設定する

オプションインスペクタ 任意のセルスタイルオプションをインタラクティブに設定する

TextCellExpressionCell 指定のスタイルのセルをプログラムで作成する

Background セルの背景色

CellFrame セルの周りに枠を表示するかどうかの設定

CellFrameMargins  ▪  CellFrameColor  ▪  CellFrameLabels

CellDingbat セルを強調する見出し記号

ShowGroupOpener  ▪  ShowCellBracket  ▪  CellBracketOptions

ShowCellLabel セルにラベルを付けるかどうかの設定(例:Out[n]=

CellLabelAutoDelete  ▪  CellLabelPositioning  ▪  CellLabelMargins

CellMargins セルの周囲の余白

CellBaseline  ▪  CellLabel  ▪  CellOpen