セルメニューに関するトークン

Wolfram言語では,適切なフロントエンドトークンを送ることによって,任意のフロントエンドコマンドがプログラムを介してカーネル内から実行できる.トークンは全標準メニューコマンドと,デフォルトのフロントエンドメニュー設定では直接アクセスできないメニューコマンドについて存在する.

参照項目参照項目

FrontEndTokenExecute フロントエンドトークンで指定されたメニューのようなコマンドを実行する

"SelectionConvert" 選択範囲をStandardFormTraditionalForm等の形式に変換する

"SelectionDisplayAs" 選択範囲をStandardForm等の形式で解釈せずに再表示する

"CellTagsEditDialog" セルタグの編集」ダイアログを開く

"CellLabelsToTags" In[n]Out[n]ラベルよりセルタグを作成する

"CellGroup" 選択されたセルをグループ化する

"CellUngroup" 選択されたセルのグループ化を解除する

"SelectionOpenAllGroups" 選択範囲内のすべてのセルグループを開く

"SelectionCloseAllGroups" 選択範囲内のすべてのセルグループを閉じる

"SelectionCloseUnselectedCells" セルグループで選ばれていないセルすべてを閉じる

"OpenCloseGroup" 選択されたセルグループを開閉する

"CellSplit" セルを分割する

"CellMerge" 選択されたセルを単一のセルに結合する

"DeleteGeneratedCells" 生成された出力セルをすべて削除する

"ToggleShowExpression" セルを内部式の表記の表示に切り換える