複素数

Wolfram言語は明示的な複素数と記号的な複素変数の両方を根本的にサポートしている.適用できるすべての数学関数は全パラメータの複素値の任意精度での評価をサポートしており,複素値は自動的に完全に一般化して記号操作が行われる.

参照項目参照項目

x+I y 複素数

I () EsciiEsc「imaginary(虚数)」,またはEscjjEscと力する)

Complex 実数のペアを複素数に変換する

Re 実部

Im 虚部

Abs 絶対値

Arg 偏角(ラジアンでの位相角)

Sign n正規化された方向()

Conjugate 複素共役(上付き文字EsccoEscでも入力できる)

ConjugateTranspose 行列のエルミート(Hermitian)共役(EscctEscでも入力できる)

ComplexExpand 記号式を実部と虚部に展開する

PowerExpand 分岐切断を無視して記号式を展開する

ExpToTrigTrigToExp 指数関数と三角関数の間で変換する

GaussianIntegers 多項式および整数論関数のオプション

Reduce 方程式と不等式を複素数において簡約する

RandomComplex ランダムな複素数