計算幾何学

Wolfram言語は代数計算,グラフィックス,数における力を組み合せて,計算幾何学に類を見ない柔軟性とパワーをもたらす.形状を記号的に表現して操作するWolfram言語の機能により,Wolfram Researchで開発された独自のアルゴリズムを広範囲に使って,幾何構造の生成,解析,描画を初めて完全に統合することが可能となった.

参照項目参照項目

Nearest あらゆる次数であらゆる距離計量法において最も近い点を求める

NearestFunction 最近点を繰返し求めるために作られた関数

Reduce 実数,複素数,整数の幾何記述を記号的に簡約する

CylindricalDecompositionGroebnerBasis 実数・複素数分解

RegionPlotRegionPlot3D 不等式で定義される領域をプロットする

IntegrateNIntegrate 幾何領域の面積と体積を求める

MinimizeNMinimize 幾何領域において大域的に最小化する

LinearProgramming 無限または有限の多面体領域において最小化する

FindShortestTour  ▪  FindCurvePath  ▪  FindClusters

ListCurvePathPlotListSurfacePlot3D 曲線,面を再構築する

GraphPlotGraphPlot3D 2D,3Dグラフレイアウト

PolyhedronData 通常の多角体における幾何学的かつ構造的なデータ

KnotData  ▪  LatticeData  ▪  GraphData

幾何学変換 »

RotationTransform  ▪  AffineTransform  ▪  TransformationMatrix  ▪  ...

幾何学形式 »

"DXF"  ▪  "PLY"  ▪  "BYU"  ▪  "X3D"  ▪  "STL"  ▪  ...