コントロールオブジェクト

Wolfram言語には全範囲に渡るコントロールオブジェクトがあり,そのすべてが便利な記号形式で指定される.Manipulateは自動的にこれらのオブジェクトの多くを使用する.また,これらのコントロールを一般的な入力の一部として直接使ったり,独自の動的インターフェースを構築するために使ったりすることもできる.

参照項目参照項目

Control タイプが自動的に選択されるインタラクティブなコントロール

SliderVerticalSlider Slider2D

Checkbox RadioButton Opener

IntervalSlider 上限・下限のある値を設定する

ColorSlider 色をインタラクティブに選択する

Setter 押すと値が設定される:Setter Setter

Toggler クリックすると値が切り換わる

SetterBarRadioButtonBarCheckboxBarTogglerBar ボタンの配列

PopupMenu 選択肢のメニュー

ListPicker 選択肢のリスト

InputField 文字列,数,任意の式のためのフィールド

LocatorPane グラフィックスまたは他の背景の中の可動ロケータ

Animator  ▪  Manipulator  ▪  Locator  ▪  ProgressIndicator  ▪  Trigger  ▪  ClickPane

Button 任意の形式と動作が関連付けられたボタン

PasteButton 式をペーストするボタン

ActionMenuButtonBar 動作のリストより選択

EventHandler 低レベルイベントハンドラ

MousePosition  ▪  ControlActive  ▪  ControllerState  ▪  CurrentValue

GestureHandlerTouchPosition 接触による制御

FileNameSetter システムファイルブラウザ

ColorSetter システムカラーピッカー

SystemDialogInput ファイル,フォント,サウンド等

Hyperlink セルとURLへの一般的なハイパーリンク

FormObject フォームの構造を指定する

FormFunction アクティブな提出可能フォームを設定する

注釈 »

Tooltip  ▪  Mouseover  ▪  Overlay  ▪  StatusArea  ▪  PopupWindow  ▪  Labeled  ▪  ...

コントロールを使ったプログラミング »

Dynamic  ▪  DynamicModule  ▪  MousePosition  ▪  Setting  ▪  DynamicSetting  ▪  ...

構造とレイアウト »

Grid  ▪  Row  ▪  Column  ▪  Panel  ▪  TabView  ▪  Pane  ▪  Deploy  ▪  ...

コントロールのオプション »

ImageSize  ▪  Appearance  ▪  Deployed  ▪  Enabled  ▪  AutoAction  ▪  ...

別のウィンドウの作成 »

ChoiceDialog  ▪  CreatePalette  ▪  CreateDialog  ▪  CreateDocument  ▪  ...