Webページの作成

Wolfram言語はフル機能を備えたWebページの非常に強力な自動作成をサポートしている.Wolfram言語の統一された記号アーキテクチャにより,Wolfram言語のパワーすべてを使って,リンクされたWebページの内容を記号式として構築することができる.構築されたページはその後,即座にグラフィックス,アニメーション,サウンド,完全にアクティブなWebドキュメントとしてエキスポートできる.

参照項目参照項目

別名で保存 ドキュメントをHTMLまたは他のWeb形式で保存する

選択範囲の形式保存 ドキュメントの一部をGIF,JPEG,Flash等で保存する

Export プログラムを使って任意の標準Web形式にエキスポートする

グラフィックスとアニメーション »

"GIF"  ▪  "JPEG"  ▪  "SWF"  ▪  "AVI"  ▪  "SVG"  ▪  ...

ImageSize  ▪  PixelConstrained

AutorunSequencing Manipulate出力のエキスポートに列を指定する

音声 »

"WAV"  ▪  "MIDI"  ▪  ...

ドキュメント »

"HTML"  ▪  "XHTML"  ▪  "XHTMLMathML"  ▪  "PDF"  ▪  ...

リンクと注釈

Hyperlink 任意のハイパーリンクの記号表現

Tooltip 任意のオブジェクトのための任意のツールチップ

Annotation 画像マップ範囲等の注釈