ダイアログボックス

Wolfram言語の統一された記号アーキテクチャにより,簡単なものから非常に複雑でカスタマイズされたものまで,ダイアログボックスの作成が非常に簡単になる.各ダイアログボックスは任意のレイアウトとスタイルのノートブックで,Wolfram言語プログラムで定義された任意の動作が即座にDynamicメカニズムを通して適用できる.

参照項目参照項目

MessageDialog メッセージを表示するためのダイアログボックスを表示する

ChoiceDialog 選択を行うためのボタンが含まれているダイアログボックスを表示する

DialogInput ダイアログを表示し,DialogReturnに渡されたものを返す

CreateDialog ダイアログを表示するが,Wolfram言語の評価は続行する

DialogNotebook カスタムダイアログウィンドウを作成する

InputInputString 簡単なダイアログボックスから入力を取得する

SystemDialogInput システムダイアログボックス(ファイル,色,サウンド,...)から入力を取得する

ボタン

DefaultButton  ▪  CancelButton  ▪  ChoiceButtons  ▪  Button

DialogReturn ダイアログを閉じ,必要に応じて値を返す

コントロール »

Checkbox  ▪  PopupMenu  ▪  SetterBar  ▪  InputField  ▪  ProgressIndicator  ▪  RadioButton  ▪  RadioButtonBar  ▪  FileNameSetter  ▪  ColorSetter  ▪  ...

レイアウトと整理 »

Text  ▪  Grid  ▪  Panel  ▪  Enabled  ▪  TabView  ▪  OpenerView  ▪  ...

注釈とラベル付け

Tooltip  ▪  Labeled  ▪  Text  ▪  Graphics  ▪  WindowTitle

Modal ダイアログボックスがフロントエンドに対してモーダルであるかどうかを指定する