動的グラフィックス要素

Wolfram言語では,統一された記号アーキテクチャにより,任意のグラフィックスの任意の場所に簡単に動的な動作を挿入することができる.即座にプログラムで生成される1つの関数によって最も一般的な注釈とドリルダウンを定義し,完全なWolfram言語との統合によって任意の複雑な動作が定義できる.

参照項目参照項目

Tooltip 任意の内容のツールチップを任意のオブジェクトに付加する

StatusArea  ▪  PopupWindow  ▪  Mouseover  ▪  Hyperlink

Dynamic 任意のオブジェクトを動的に更新して表示する

Inset 任意の静的あるいは動的な式をグラフィックスに挿入する

Button  ▪  ClickPane  ▪  EventHandler  ▪  EmitSound

Locator 任意のグラフィックスの動的な可動ハンドル

Manipulate 一般的なインタラクティブコントロールを任意のグラフィックスに取り付ける

コントロールオブジェクト »

Slider  ▪  Slider2D  ▪  PopupMenu  ▪  Checkbox  ▪  ...

ビューアオブジェクト »

TabView  ▪  SlideView  ▪  ListAnimate  ▪  ...