編集メニューに関するトークン

Wolfram言語では,適切なフロントエンドトークンを送ることによって,任意のフロントエンドコマンドがプログラムを介してカーネル内から実行できる.トークンは全標準メニューコマンドと,デフォルトのフロントエンドメニュー設定では直接アクセスできないメニューコマンドについて存在する.

参照項目参照項目

FrontEndTokenExecute フロントエンドトークンで指定されたメニューのようなコマンドを実行する

"Undo" 最後に行った動作を取り消す

"Cut" 選択範囲を削除し,クリップボードにコピーする

"Copy" 選択範囲を削除しないで,クリップボードにコピーする

"Paste" クリップボードの現在の内容を挿入位置にペーストする

"Clear" 選択範囲をクリップボードにコピーせずに削除する

"CopySpecial" 選択範囲をさまざまな形式でコピーする

"ExpandSelection" 選択範囲を含む1つ高いレベルの部分式をハイライトする

"SelectAll" ノートブックのすべてのセルを選択する

"Balance" 合致する最も近いカッコ文字まで選択範囲を拡張する

"CompleteSelection" 部分的にタイプされた関数名を補完する

"TemplateSelection" 選択された関数のテンプレートを挿入する

"FindNextMisspelling" 誤ったスペルの単語を探し出し,修正する

"FindDialog" 現行のノートブックでテキストを探す

"SelectionSetFind" 選択されている文字列を検索テキストとして入力する

"PreferencesDialog" 環境設定ダイアログボックスを開く