リストの要素

Wolfram言語は指標あるいは位置を使って,または値のパターンあるいは基準を使ってリストの要素にアクセスするための,慎重に選ばれた関数一式を備えている.

参照項目参照項目

list[[...]] (Part) = で再設定可能なリストの部分

Span (;;) 要素の範囲やブロックのための一般指定

First  ▪  Last  ▪  Rest  ▪  Most  ▪  Take  ▪  Drop  ▪  TakeWhile

Append  ▪  Prepend  ▪  Insert  ▪  Delete  ▪  AppendTo  ▪  PrependTo

Position パターンに合致する要素の位置を求める

FirstPosition  ▪  Extract  ▪  ReplacePart  ▪  MapAt  ▪  ArrayRules  ▪  Ordering

Length  ▪  Dimensions  ▪  ArrayDepth  ▪  LengthWhile

SelectSelectFirst 基準を満足する要素を選択する

CasesFirstCase パターンに合致する要素を与える

Pick  ▪  DeleteCases  ▪  BinLists  ▪  Count  ▪  DeleteDuplicates

MemberQ 要素がリストの部分であるかどうかを判定する

FreeQ  ▪  ArrayQ  ▪  VectorQ  ▪  MatrixQ

AllTrue  ▪  AnyTrue  ▪  NoneTrue

Max  ▪  Min  ▪  MaximalBy  ▪  MinimalBy