ファイルメニューに関するトークン

Wolfram言語では,適切なフロントエンドトークンを送ることによって,任意のフロントエンドコマンドがプログラムを介してカーネル内から実行できる.トークンは全標準メニューコマンドと,デフォルトのフロントエンドメニュー設定では直接アクセスできないメニューコマンドについて存在する.

参照項目参照項目

FrontEndTokenExecute フロントエンドトークンで指定されたメニューのようなコマンドを実行する

"New" 新しいノートブックを作成する

"NewPackage" 新しい.mパッケージを作る

"NewText" 新しいテキストドキュメントを作る

"Open" ノートブックやその他のフィルを開く

"Close" 現在のノートブックを閉じる

"Save" 現在のノートブックを保存する

"SaveRename" 現在のノートブックを新しい名前で保存する

"SelectionSaveSpecial" 現在の選択範囲を種々の可能な形式で保存する

"Revert" 現在のノートブックを最後に保存された状態に戻す

"NotebookMail" 現在のノートブックを電子メールで送る(Windowsのみ)

"SystemPrintOptionsDialog" 用紙設定ダイアログを開く

"PrintOptionsDialog" 印刷オプションダイアログを開く

"HeadersFootersDialog" ヘッダとフッタダイアログを開く

"ShowPageBreaks" スクリーンに改ページ位置を表示する

"PrintDialog" 印刷ダイアログを開いて現在のノートブックを印刷する

"FrontEndQuit" Wolframシステムを終了する