フォントオプション

Wolfram言語では,通常のテキストだけでなく,タイプセット構造,グラフィックス,ユーザインターフェース要素におけるフォントの完全な制御が可能である.すべてのフォント機能は記号指定を使ってプログラムからアクセスできる.

参照項目参照項目

Style スタイルオプションを付加した出力を作成する

基本設定

Bold  ▪  Italic  ▪  Plain  ▪  Underlined

Large  ▪  Small  ▪  Tiny  ▪  Larger  ▪  Smaller

FontColor テキストの色

Background 背景色

FontSize 絶対ポイント数による,または全体の画像サイズに対するフォントサイズ

Magnification 全体の拡大率因子

FontFamily "Times""Helvetica"

低レベルの制御

FontWeight  ▪  FontSlant  ▪  FontVariations  ▪  FontTracking  ▪  FontSubstitutions  ▪  CharacterEncoding

テキストレイアウト »

TextJustification  ▪  Hyphenation

オプションインスペクタ 選択項目,セル等に任意のオプションを設定する