関数の可視化

高品質の関数と面の可視化の標準のために,Wolfram言語は非常に審美的でかつ技術的に正しい2Dおよび3Dの可視化の即座な作成を自動化する多くの独自の数値,記号,幾何学アルゴリズムを結び付けた.

代表的な例代表的な例 |

参照項目参照項目

Plot 1つもしくは複数の関数の曲線

LogPlot  ▪  LogLinearPlot  ▪  LogLogPlot

Plot3D 1つもしくは複数の関数の3D面

ContourPlot 関数または曲線の等高線プロット

ContourPlot3D 関数または面の3D等高線プロット

DensityPlot 関数の密度プロット

ParametricPlot 2Dパラメトリック曲線・領域

ParametricPlot3D 3Dパラメトリック曲線・面

PolarPlot  ▪  RevolutionPlot3D  ▪  SphericalPlot3D

NumberLinePlot 方程式,不等式,区間で定義された1D領域

RegionPlot 不等式で定義された2D領域

RegionPlot3D 不等式で定義された3D領域

ベクトルの可視化 »

StreamPlot  ▪  StreamDensityPlot  ▪  VectorPlot  ▪  VectorPlot3D  ▪  ...

離散関数の可視化 »

DiscretePlot 離散変数の関数 をプロットする

DiscretePlot3D を3Dでプロットする

ListPlot  ▪  ListLinePlot  ▪  ArrayPlot  ▪  ...

スタイルオプション »

Frame  ▪  PlotStyle  ▪  Filling  ▪  Mesh  ▪  ImageSize  ▪  ...

凡例 »

PlotLegends  ▪  LineLegend  ▪  BarLegend  ▪  ...

グラフィックスの注釈付けと結合 »

Tooltip  ▪  StatusArea  ▪  GraphicsGrid  ▪  ...