関数型プログラミング

関数型プログラミングは高度に開発され,深く統合された,Wolfram言語の中核となる機能であり,言語の記号的性質によってより豊かに,より便利になった.というような式を記号データと関数fの適用の両方として扱うことで,構造と関数を統合する非常に強力な方法と,多くの一般的な計算の効率的でエレガントな表現方法を提供する.

参照項目参照項目

Function (&) 純関数を指定する(例:

####name 純関数内の変数のスロット

関数のリストへの適用 »

Map (/@) リストにマップする:

Apply (@@, @@@) リストに適用する:

MapIndexed 指標情報とともにマップする:

MapThread  ▪  MapAt  ▪  MapAll  ▪  Scan  ▪  ...

関数を繰り返し適用する »

NestNestList 関数をネストする:

FoldFoldList 値のリストを折り込む:

FixedPointFixedPointList 固定点まで繰り返しネストする

NestWhile  ▪  NestWhileList  ▪  TakeWhile  ▪  LengthWhile  ▪  ...

リスト指向関数 »

Select 関数に従ってリストから選択する

Array 関数から配列を作成する

SortBy  ▪  MaximalBy  ▪  SplitBy  ▪  GatherBy  ▪  ...

連想指向関数

KeySortBy  ▪  CountsBy  ▪  GroupBy  ▪  ...

関数の合成

Identity  ▪  Composition  ▪  Operate  ▪  Through  ▪  Distribute  ▪  ...

カリーか演算子形式

Select  ▪  Cases  ▪  Append  ▪  Map  ▪  Position  ▪  ...