複素変数関数

Wolfram言語は,複雑な分岐線法等の問題を扱うために独自の結果を利用しながら,複素変数全体について数値的にだけでなく記号的にも透過的に作用する.

参照項目参照項目

可視化

ContourPlotDensityPlot 複素平面にプロットし,必要に応じて段階によって色分けする

ParametricPlot 正角地図をプロットする

積分

Integrate 複素変数を考慮した記号積分

PrincipalValue 主値を取るかどうかを指定するオプション

NIntegrate 複素平面における輪郭付近の数値積分

Residue 極点での残差

記号操作

ComplexExpand 記号的に実部と虚部に展開する

Reduce 複素変数について多項式系を簡約する

基本関数 »

Abs  ▪  Arg  ▪  Conjugate  ▪  Re  ▪  Im  ▪  RandomComplex  ▪  ExpToTrig  ▪  ...