地理空間形式

Wolfram言語は一般的な地形標高ファイルをインポートしてそれを地形学的地図として描画することができる.また,ラスタ,ベクトル,テキスト情報の層を組み合せた地理空間情報形式をインポートすることもできる.

参照項目参照項目

デジタル標高形式

"ArcGRID" ESRI地形学データ形式

"USGSDEM" USGS ASCII DEMデジタル標高ファイル(.dem)

"GTOPO30" USGS地球規模の地形学データ(.dem)

"CDED" カナダのデジタル標高データ(.dem)

"SDTSDEM" SDTSデジタル標高ファイル

"SurferGrid" Surfer地理空間形式(.grd)

地理空間ラスタ形式

"GeoTIFF" 注釈付きTIFFラスタファイル(.tif)

地図製作形式

"SDTS" SDTS DLG空間データ転送標準

"SHP" ESRIシェイプファイル形式(.shp)

"TIGER" アメリカ合衆国国勢調査局TIGER/Line形式

"KML" Google Earth地理学データ形式(.kml,.kmz)

"GPX" GPX全地球位置測定データ形式(.gpx)

衛星軌道データ

"SP3" 地理空間データ形式(.sp3)

"TLE" TLE地理空間データ形式(.tle, .tce)

共通要素

"Data" 標高サンプルの配列

"Graphics" ReliefPlotとして描画された地形学データ

"Rules" 全要素の規則

"Elements" すべての可能な要素