グラフの操作と変更

特性によっては,グラフを他のグラフから構築することができることがよくある.例えば大きなグラフの部分グラフや,要素を一つずつ加えたり削除して変更したり,ブール演算を使って複数のグラフを組み合わせたりして構築することができるものである.Wolfram言語には古いグラフから新しいグラフを作り出すための幅広い関数集が備えられている.

参照項目参照項目

部分グラフの選択

Subgraph 頂点,辺,またはその組合せを含む部分グラフの抽出

NeighborhoodGraph グラフ要素からいくらかの距離までの部分グラフを抽出する

FindSpanningTree すべての頂点を連結する木を見付ける

グラフの変換

UndirectedGraph 有向グラフを無向グラフに変換する

DirectedGraph 無向グラフを有向グラフに変換する

ReverseGraph  ▪  SimpleGraph  ▪  IndexGraph

グラフの変更

VertexReplace 規則を使って頂点を置き換える

VertexAdd  ▪  VertexDelete  ▪  VertexContract  ▪  EdgeAdd  ▪  EdgeDelete  ▪  EdgeContract

グラフの操作

BooleanGraph グラフのブールによる組合せ

LineGraph 辺が頂点に,頂点が辺になる線グラフを与える

GraphPower すべての頂点が n ステップ以下の距離で隣接しているグラフ

GraphIntersection  ▪  GraphUnion  ▪  GraphDifference  ▪  GraphDisjointUnion  ▪  GraphComplement

到達可能性と関係

TransitiveClosureGraph 推移閉包を与える

TransitiveReductionGraph 推移還元を与える