グラフィックスの形と大きさ

高スループットのプログラムによるグラフィックスの処理において特に重要なのは,グラフィックスの大きさと形を制御するためのWolfram言語の高度なメカニズムである.これにより,複雑なドキュメント,ユーザインターフェース,情報表示において美学的に最適化された統合が即座に可能となる.

参照項目参照項目

AspectRatio 全体的な高さと幅の比(座標値をそのまま使う場合はAutomatic

ドラッグ 縦横比を保ったままグラフィックスのサイズを変更する

Ctrl+ドラッグ 縦横比を変更する

BoxRatios 全体的な3Dボックスの形(ボックスの辺の比)

SphericalRegion 3Dグラフィックスの大きさを変更せずに回転可能にするかどうか

ImageSize 画像の全体的な絶対サイズ

Tiny  ▪  Small  ▪  Medium  ▪  Large  ▪  ...

Full ウィンドウ等の全体の幅

Scaled ウィンドウ等に対してスケールする

Magnify グラフィックスやその他のあらゆる式を拡大して表示する

ImageSizeMultipliers リストやテキスト等の中にあるグラフィックスをどのようにスケールし直すか

ImageSizeAction テキスト等が存在する領域に変更があった場合に,そのテキスト等をスケールし直すかどうか

ImageMargins 画像の周囲に残す余白

PixelConstrained ラスタを画面のピクセルに合わせるように調節するかどうか

画像領域の詳細 »

PlotRangePadding  ▪  PlotRangeClipping  ▪  ImageScaled  ▪  ...