言語の概要

Wolfram言語は高度に開発された知識ベース言語である.これは広範に渡るプログラミング手法を1つにまとめ,記号プログラミングのユニークな概念を使ってプログラミングの概念そのものに新しい柔軟性を与える.

参照項目参照項目

記号式 »

f[a,b,] Wolfram言語のすべての基本的な内部形式

リストと式の操作 »

{...} (List)  ▪  ...[[...]] (Part)  ▪  Table  ▪  Length  ▪  Take  ▪  Select  ▪  ...

連想 »

<|...|> (Association)  ▪  Keys  ▪  Values  ▪  Lookup  ▪  Merge  ▪  ...

関数型操作 »

...& (Function)  ▪  /@ (Map)  ▪  Nest  ▪  NestList  ▪  FoldList  ▪  Array  ▪  ...

パターンマッチング »

_  ▪  __  ▪  |  ▪  ..  ▪  /;  ▪  Cases  ▪  Position  ▪  ...

規則と変換 »

-> (Rule)  ▪  :>  ▪  /. (ReplaceAll)  ▪  ...

定義と割当て »

=  ▪  :=  ▪  =.  ▪  ^=  ▪  ...

論理と判定 »

==  ▪  !=  ▪  &&  ▪  ||  ▪  MemberQ  ▪  ...

スコープとモジュール »

Module  ▪  With  ▪  Block  ▪  Dynamic  ▪  ...

手続き型プログラミング »

;  ▪  If  ▪  Do  ▪  While  ▪  Sow  ▪  Reap  ▪  ...

文字列操作 »

"..." (String)  ▪  StringExpression  ▪  StringReplace  ▪  StringCases  ▪  ...

自由形式言語 »

(入力の最初に 計算とプログラムに自由形式言語を使う