Wolfram LibraryLink

Wolfram LibraryLink は外部コードをWolfram言語に接続し,高速かつメモリ効率のよい実行を可能にする強力な方法を提供する. これにより,ダイナミックライブラリを直接Wolfram言語のカーネルにロードし,ライブラリ関数をWolfram言語から即座に呼び出すことが可能となる.Wolfram LibraryLink を使うと,リンクされたライブラリと任意のデータを交換することができる.これには整数,実数,パックアレー,文字列,Wolfram言語の任意の式の他,メッセージを送ったりWolfram言語にコールバックしたりも含まれる.

参照項目参照項目

Wolfram LibraryLink のWolfram言語関数

LibraryFunctionLoad ダイナミックライブラリからWolfram言語に関数をロードする

LibraryFunction ダイナミックライブラリから呼び出された関数

LibraryFunctionInformation ライブラリ関数についての情報

LibraryFunctionUnloadLibraryUnload 関数とライブラリをアンロードする

FindLibrary$LibraryPath システム特有のファイル拡張子を決定してライブラリを探す

LibraryLoad ライブラリをロードするが,関数は呼び出さない

ConnectLibraryCallbackFunction ライブラリからのコールバックのためにWolfram言語の関数を接続する

CreateManagedLibraryExpression 式を通してライブラリメモリを管理する

ManagedLibraryExpressionQ  ▪  ManagedLibraryExpressionID

C言語関数

MTensor_new  ▪  MTensor_free   ▪  MTensor_disown  ▪  MTensor_clone

MTensor_getRank  ▪  MTensor_getDimensions  ▪  MTensor_getFlattenedLength  ▪  MTensor_getType

MSparseArray_getRank  ▪  MSparseArray_getDimensions  ▪  MSparseArray_getType

MImage_getRowCount  ▪  MImage_getColumnCount  ▪  MImage_getDataType  ▪  MImage_getColorSpace

getWSTP  ▪  processWSTP

callLibraryCallbackFunction  ▪  registerLibraryCallbackManager

UTF8String_disown