数学的形態論

数学的形態論は集合論,位相幾何学,離散数学のメソッドを組み合せ,画像やその他の離散データの処理における強力なアプローチを提供する.Wolfram言語には幅広く効率的な数学的形態論が実装されており,Wolfram言語の一般的な画像・データ処理に完全に統合されている.

参照項目参照項目

画像の準備

BinarizeMorphologicalBinarize 任意の画像を白黒画像に変換する

ColorNegate 白と黒を反転する

基本操作

Dilation  ▪  Erosion  ▪  Opening  ▪  Closing

形態学的変換

DistanceTransform  ▪  InverseDistanceTransform  ▪  HitMissTransform  ▪  TopHatTransform  ▪  BottomHatTransform

MinDetect  ▪  MaxDetect  ▪  FillingTransform

MorphologicalTransform ブロックベースの一般的なバイナリ形態操作

MorphologicalGraph 画像スケルトンからグラフを生成する

形態学的再構築

GeodesicDilation  ▪  GeodesicErosion  ▪  GeodesicClosing  ▪  GeodesicOpening

形態学的分析

SkeletonTransform  ▪  Thinning  ▪  Pruning  ▪  MorphologicalBranchPoints

MorphologicalEulerNumber  ▪  MorphologicalPerimeter

MorphologicalComponents 接続された画素を特定する

CornerNeighbors 近傍設定を指定するオプション

成分分析

ComponentMeasurements 成分の形状と色の分析

SelectComponents  ▪  DeleteSmallComponents  ▪  DeleteBorderComponents

Colorize すべての要素を異なる色にする

HighlightImage 関心領域をハイライトする