メッセージ

Wolfram言語は記号アーキテクチャを使って,プログラムおよびインタラクティブセッション中のメッセージの生成と管理に便利なモジュラフレームワークを提供する.

参照項目参照項目

Quiet 式を「静かに」評価して,メッセージは出力しない

Off メッセージ表示を大域的にオフにする

On メッセージ表示をオンにする(システムによってはデフォルトでオフになっている)

"Symbolics","Graphics","Compiler",... メッセージの名前付きグループ

Assert コードが実行されたときに確認するアサーションを与える

MessageName (::) =で割り当てられる,メッセージの記号的な名前

Message 指定の要素を埋めながら名前付きメッセージを出力する

Check メッセージが生成されたかどうかを確認する

ノートブック中のメッセージ

MessageDialog メッセージダイアログを表示する

Beep  ▪  Speak  ▪  EmitSound

警告音の説明  ▪  カラーシンタックスの説明

$MessagePrePrint 出力する前にメッセージの引数に適用する関数

$MessageList  ▪  MessageList  ▪  MessagePacket

$Language メッセージのデフォルト大域言語

$MessageGroups メッセージの再設定可能なリストで,多くはデフォルトでオフになっている