バージョン6.0の新機能:コアとなる言語

Mathematica のコアとなる言語は強力で洗練された長年の原理に基づき,厳しい管理のもと,その20年の歴史の中で徐々に拡張されてきた.バージョン6.0には便利で新しいリスト操作関数,拡張されたパターンマッチングとオプション処理の他に,画期的で新しい統合されたデバッグ・コード分析システムが加えられた.

参照項目参照項目

リスト操作の新機能 »

Span (;;) 部分,ブロック等の列の新表記法

Accumulate  ▪  Tally  ▪  Riffle  ▪  TakeWhile  ▪  ArrayFlatten  ▪  Band  ▪  ...

ReplacePart(変更) 一般的な疎な規則指定がサポートされるようになった

新規のパターンコンストラクト

Longest  ▪  Shortest  ▪  PatternSequence  ▪  Repeated(変更)

関数オプションの新システム

OptionValue  ▪  OptionsPattern  ▪  FilterRules

プログラム開発の新機能

デバッガ 完全にインタラクティブなデバッグおよびコード分析環境

Quiet  ▪  Monitor  ▪  PrintTemporary  ▪  SyntaxInformation

新規作成 パッケージ (.m) 関数インデックス付きパッケージファイル用の特別なノートブックエディタ

文字列操作の新機能

Nearest  ▪  Hash  ▪  EditDistance  ▪  DictionaryLookup  ▪  DatePattern

その他の新関数

Dynamic  ▪  RandomChoice  ▪  IntegerString  ▪  DateString  ▪  SystemOptions

TableDo...(変更) 明示的なリストにおいて反復がサポートされるようになった

TreeForm(変更) 式の木構造の図式表示