バージョン6.0の新機能:データの操作とデータソース

Mathematica 6.0は記号データ記述の概念に基づき,100近くの別々の形式におけるデータのインポート・エキスポート処理のための主要な新しい「要素」フレームワークを取り入れた.Mathematica 6.0はまた,大規模な統合されたデータソースの概念も導入し,初めて実世界のさまざまな形式が即座にプログラム的に使えるようになった.

参照項目参照項目

新規のインポート・エキスポートフレームワーク

Import(変更) 取り出す要素を指定してデータをインポートする

Export(変更) 指定の要素から出力を構成してデータをエキスポートする

新インポート・エキスポート形式 »

"FLAC"  ▪  "MIDI"  ▪  "SWF"  ▪  "QuickTime"  ▪  "JPEG2000"  ▪  "PLY"  ▪  "JVX"  ▪  "X3D"  ▪  "Maya"  ▪  "MDB"  ▪  "ODS"  ▪  "CDF"  ▪  "USGSDEM"  ▪  "SDTS"  ▪  "ApacheLog"  ▪  "MBOX"  ▪  "Base64"  ▪  "GZIP"  ▪  ...

Rasterize グラフィックス用にビットマップまたはその他の要素を作成する

FileFormatStringFormat データから形式を推測する

新数値データ関数 »

BinCounts  ▪  MovingAverage  ▪  Differences  ▪  FindClusters  ▪  ...

組込みの新統計関数 »

Commonest  ▪  MeanDeviation  ▪  Skewness  ▪  Kurtosis  ▪  ...

組込みの新データソース »

GraphData  ▪  PolyhedronData  ▪  ChemicalData  ▪  ElementData  ▪  CountryData  ▪  CityData  ▪  FinancialData  ▪  WordData  ▪  DictionaryLookup  ▪  ...

新日付・時間フレームワーク »

DateString  ▪  DateList  ▪  DatePlus  ▪  DateDifference  ▪  ...