バージョン6.0の新機能:データの視覚化

Mathematica のパワーの源である大規模なデータ処理機能,数値最適化機能,幾何計算機能上に設計されたバージョン6.0には,自動的に美しくに出力するための重要な技術的革新に加えて,独自の新規グラフレイアウトアルゴリズム,曲面の即時再構成,自動ラベル機能,シームレスな非構造化データ処理,幾何的な補間機能,自動日付プロット機能が含まれており,自動データ視覚化プロセスがレベルアップした.

参照項目参照項目

ListPlot(変更) 複数のデータセット,プロットマーカー,幹等のサポート

ListLinePlot 点のリストを線でプロットする

ListLogPlot  ▪  ListLogLinearPlot  ▪  ListLogLogPlot  ▪  ListPolarPlot

ListPlot3D(変更) 一般的な不規則データセット,平滑化等のサポート

ListPointPlot3D 3Dの点の散布図

ListSurfacePlot3D 3Dの点からの面の再構成

ListContourPlotListDensityPlot(変更) 不規則データ集合等のサポート

ListContourPlot3D 3次元体からの3D等高線面

ArrayPlot(変更) 記号的な値,疎な配列等のサポート

ReliefPlot シミュレーションによる地理的レリーフ

DateListPlot 日付,時間プロット

GraphPlotGraphPlot3D 一般的なグラフを配置する

LayeredGraphPlot グラフを階層化して描画する

TreePlot 木構造を描画する

データの可視化の新オプション »

PlotMarkers  ▪  InterpolationOrder  ▪  RegionFunction  ▪  MeshFunctions  ▪  ...