バージョン6.0の新機能:動的インタラクティブ機能

Mathematica 6.0は,記号的な動的インターフェースの概念の中心となる,計算のための重要な新しいパラダイムを定義した.新しいパラダイムはMathematica の独自の記号アーキテクチャ上に構築され,これを利用するとMathematica の全機能と完全に統合され,強力な新しい言語構造を使って容易にスケールできる,完全な動的インターフェースの作成が可能となる.

参照項目参照項目

新規のインタラクティブ操作 »

Manipulate 任意のグラフィックスや計算を制御するインターフェースを即座に作成する

新規のビューおよび注釈関数 »

TabView  ▪  SlideView  ▪  MenuView  ▪  FlipView  ▪  PopupView  ▪  Animate  ▪  ...

Tooltip  ▪  Mouseover  ▪  StatusArea  ▪  PopupWindow  ▪  ...

新規の記号的制御 »

Slider  ▪  Checkbox  ▪  RadioButton  ▪  PopupMenu  ▪  SetterBar  ▪  InputField  ▪  ...

Button  ▪  ActionMenu  ▪  EventHandler  ▪  ...

新規の動的インタラクティブ言語 »

Dynamic 連続的に更新される動的な式を表す

DynamicModule  ▪  Deploy  ▪  CurrentValue  ▪  ControllerState  ▪  ...

新規のインターフェース構築機能 »

CreateDialog  ▪  CreatePalette  ▪  DockedCells  ▪  NotebookEventActions  ▪  ...