バージョン6.0の新機能:グラフィックスおよび可視化オプション

ハイエンドの技術的グラフィックス,可視化の基準はMathematica によって設定されてきた.バージョン6.0で追加された多くの革新的なオプションにより,視覚的なプレゼンテーションに新たなプログラム的パラメータ化が加わり,可視化パイプライン上で高度な制御を行う新しい形式が可能になり,自動可視化プロセスがレベルアップした.

参照項目参照項目

一般的な可視化の新オプション

RegionFunction 任意の2D,3Dプロット領域

FillingFillingStyle 曲線,面,点の下の塗りつぶし

Mesh(変更)MeshFunctions 曲線,面の一般的なメッシュ

ColorFunction 座標,パラメータ等による一般的な色付け

ContourLabels(変更) 自動的な等高線ラベル付け

ClippingStyle  ▪  MeshShading  ▪  BoundaryStyle  ▪  ContourStyle(変更)

関数の可視化の新機能

ExclusionsExclusionsStyle 不連続性の記号的制御

MaxRecursion(変更) 3D,等高線,密度プロットにおける 完全な適応性

EvaluationMonitor 関数のサンプリングのモニタ

PerformanceGoal スピード,質等を最適化するかどうか

NormalsFunction 3D表面法線の完全な制御

データの可視化の新機能

PlotMarkers 自動的な点の独自の描画

InterpolationOrder 2D,3Dのデータ間での平坦化

Joined 各データセットで別々に選択可能な点/線

VertexColorsVertexNormals 自動的に補間された色,法線データ

MaxPlotPoints(変更)  ▪  DataReversed

新グラフィックスオプション

Lighting(変更) 新しい光源形式の追加

ImageSize(変更) 柔軟な制約条件,相対的な大きさ等が使用できるように一般化された

ImagePadding ラベル等を可能にする充填

PlotRangeClipping  ▪  PlotRangePadding  ▪  ImageMargins  ▪  Antialiasing

AlignmentPoint  ▪  BaselinePosition

ViewRangeViewVectorViewAngle 新規の3D視点「カメラ」コントロール

LabelStyle  ▪  TicksStyle  ▪  FrameTicksStyle  ▪  GridLinesStyle  ▪  FaceGridsStyle

注釈機能 »

Tooltip 任意のプロットやデータ要素にツールチップを追加する

Mouseover  ▪  StatusArea  ▪  PopupWindow  ▪  ...