バージョン6.0の新機能:インポートとエキスポート

Mathematica の統合環境上に設計されたバージョン6.0では,多くの分野・形式のデータをインポート・エキスポートする機能がさらに充実している.また,新たに「要素」のフレームワークが取り入れられ,すべての主要な形式の便利なサブ形式をサポートしている.

参照項目参照項目

新ラスタ画像形式 »

"JPEG2000"  ▪  "XBM"  ▪  "ICO"  ▪  "PXR"  ▪  "TGA"  ▪  "SCT"  ▪  ...

3D幾何・モデリングの新形式 »

"PLY"  ▪  "OFF"  ▪  "JVX"  ▪  "X3D"  ▪  "Maya"  ▪  "POV"  ▪  "LWO"  ▪  "RIB"  ▪  ...

新音声形式 »

"FLAC"  ▪  "Wave64"  ▪  "MIDI"  ▪  ...

新マルチメディア形式 »

"FLV"  ▪  "QuickTime"  ▪  "SWF"  ▪  ...

データベースとスプレッドシートの新形式 »

"MDB"  ▪  "DBF"  ▪  "DIF"  ▪  "ODS"  ▪  "SXC"  ▪  ...

科学・医療データの新形式 »

"CDF"  ▪  "EDF"  ▪  "NetCDF"  ▪  "XPORT"  ▪  "XYZ"  ▪  ...

地理空間の新形式 »

"USGSDEM"  ▪  "GTOPO30"  ▪  "CDED"  ▪  "SDTS"  ▪  ...

システムとユーティリティの新形式 »

"ApacheLog"  ▪  "MBOX"  ▪  "CUR"  ▪  ...

圧縮とアーカイブの新形式 »

"Base64"  ▪  "BZIP2"  ▪  "GZIP"  ▪  "TAR"  ▪  "UUE"  ▪  "ZIP"  ▪  ...

FileFormatStringFormat データから形式を推測する