バージョン6.0の新機能:可視化とグラフィックス

バージョン6.0は多くの新しい独自の概念を取り入れており,可視化とグラフィックスにおける重要な前進となった.例えば,全入出力で使えるMathematica の記号的グラフィックス,即座なリアルタイムグラフィックス,あらゆる場所での自動適応,幅広く使われているWolfram Researchで開発された自動美観調整機能等が挙げられる.

参照項目参照項目

データの可視化の新機能 »

ListPlot(変更)ListLinePlot 複数のデータセットをサポートする

ListContourPlotListPlot3D...(変更) 不規則データがサポートされるようになった

ListLogPlot  ▪  ListPolarPlot  ▪  ListSurfacePlot3D  ▪  ListContourPlot3D  ▪  ...

ReliefPlot レリーフプロット

DateListPlot 日付と時間のプロット

GraphPlotTreePlot グラフと木の描画

関数の可視化の新機能 »

RegionPlotRegionPlot3D 不等式のプロット

ContourPlot3D 3D等高線レベルのプロット

Plot3D, ContourPlot, ...(変更) 完全に適応的になった

LogPlot  ▪  PolarPlot  ▪  RevolutionPlot3D  ▪  SphericalPlot3D  ▪  ...

動的可視化の新機能 »

Animate  ▪  ListAnimate  ▪  Manipulate  ▪  ControllerManipulate  ▪  ...

動的なグラフィックスの注釈の新機能 »

Tooltip  ▪  Mouseover  ▪  Annotation  ▪  PopupWindow  ▪  TabView  ▪  ...

インタラクティブな描画とグラフィックスの編集の新機能 »

Ctrl+D 描画ツールパレットを表示する

Ctrl+G グラフィックスインスペクタを表示する

記号的グラフィックスの新機能

Graphics, Graphics3D (modified) now display inline in output, and can be input(変更) 出力にインラインで表示でき,入力で使えるようになった

Graphics3D(変更) リアルタイムの回転等がサポートされるようになった

グラフィックス インタラクティブな描画ツールとインタラクティブなグラフィックスインスペクタ

GraphicsGrid  ▪  GraphicsRow  ▪  GraphicsColumn

新規のグラフィックスプリミティブと指示子 »

Arrow  ▪  Sphere  ▪  Cylinder  ▪  Inset  ▪  GraphicsComplex  ▪  ...

Opacity 2Dと3Dにおける透明度

Blend  ▪  Lighter  ▪  Darker  ▪  Glow  ▪  Specularity  ▪  ...

ColorData 何百ものカラースキームとプロパティ

幾何学変換 »

Translate  ▪  Scale  ▪  Rotate  ▪  GeometricTransformation  ▪  ...

グラフィックスと可視化の新オプション »

Filling  ▪  PlotMarkers  ▪  Exclusions  ▪  RegionFunction  ▪  MeshFunctions  ▪  ContourLabels  ▪  NormalsFunction  ▪  PerformanceGoal  ▪  BaselinePosition  ▪  ...

グラフィックスのインポートとエキスポートの新機能 »

ImportExport(変更) データの別々の部分とビューの新フレームワーク

"FLV"  ▪  "SWF"  ▪  "PLY"  ▪  "OFF"  ▪  "Maya"  ▪  "ACO"  ▪  "USGSDEM"  ▪  Rasterize  ▪  ...

サウンドの新機能 »

SoundNote MIDIスタイルの音と構造のサポート

EmitSound  ▪  Play(変更)  ▪  Beep  ▪  "FLAC"  ▪  "MIDI"  ▪  ...