バージョン7.0の新機能:コアとなる言語

Mathematica のコアとなる言語は強力で洗練された原理を基盤として構築されており,その20年の歴史の中でおそらく世界で最も豊かで深いプログラミング言語となった.バージョン7.0はコアとなる言語に便利な追加のリスト操作関数を組み込み,新しい強力な文字列,数列の比較機能を持ち,設定を必要としない,マルチコアおよびネットワークシステムのための完全に統合されたマルチパラダイム並列計算を導入する.

参照項目参照項目

リスト操作の新機能

GatherBy 関数の値に応じてリストの要素を集める

Gather  ▪  SplitBy  ▪  DeleteDuplicates  ▪  ArrayPad  ▪  Ratios

文字列の操作と比較における新機能 »

SequenceAlignment 要素の列の最適なアラインメントを求める

StringTrim  ▪  LongestCommonSequence  ▪  LongestCommonSubsequence

類似度と距離の測定基準における新機能 »

DamerauLevenshteinDistance 文字列とベクトルの間の距離

SmithWatermanSimilarity  ▪  NeedlemanWunschSimilarity  ▪  ...

新組込み並列計算 »

Parallelize 自動並列化を用いて式を評価する

ParallelMap  ▪  ParallelTable  ▪  ParallelTry  ▪  ParallelSubmit  ▪  ...

メッセージの処理における新機能

$MessageGroups テーマごとのメッセージグループ("Graphics","Symbolics", ...)

OnOffCheckQuiet(変更) メッセージのグループに適用する