バージョン7.0の新機能:動的インタラクティブ機能

Mathematica 6では記号的な動的インタラクティブ機能の革命的な考え方が導入された. Mathematica 7ではこの考えをシステム全体に適用し,中核の概念に数々の機能が追加された.

参照項目参照項目

インタラクティブな操作

Manipulate(変更) グリッドにコントロールを並べる等

記号的コントロールの新機能

Control タイプが自動的に選ばれるインタラクティブなコントロール

ButtonBar ラベル,アクション付きのバーとボタン

ChoiceButtons ダイアログを閉じるOKキャンセルのボタンのペア

Pane(変更) スクロール可能なウィンドウ枠

TabView(変更) スクロール可能なタブ

CheckboxBarRadioButtonBar(変更) バー内の区切り線の新規サポート

Panel(変更) 異なる外観でパネルを表示する

PreemptProtect 先に行われた評価による中断から評価を保護する

インターフェースの構築

Placeholder タイプする場所の記号表現