バージョン7.0の新機能:システムインターフェースと配備

バージョン7.0では,設定が不要な組込みの並列計算が導入されている.バージョン7.0は Mathematica のユニークな記号アーキテクチャを十分に活用し,マルチコアおよびネットワーク並列計算環境を利用するための,類を見ないほど簡単で強力なシステムを提供する.バージョン7.0ではシステムプログラミングワークフローへの統合をより一層強化する,新しいファイル名操作も導入されている.

参照項目参照項目

新組込み並列計算 »

Parallelize 自動並列化を用いて式を評価する

ParallelTry 別々の計算を並列に試み,最初に得られた結果を返

ParallelEvaluate  ▪  ParallelMap  ▪  ParallelTable  ▪  ParallelSum  ▪  ...

ParallelSubmit 並行に評価する式を送信する

WaitAllWaitNext 並行評価が終了するのを待つ

DistributeDefinitions  ▪  SetSharedVariable  ▪  CriticalSection  ▪  ...

$KernelCount  ▪  $KernelID  ▪  Kernels  ▪  AbortKernels  ▪  CloseKernels  ▪  ...

新しいシステムインターフェース機能

SendMail 任意のWolfram言語式,グラフィックス等を電子メールで送る

SystemOpen オペレーティングシステムを使ってファイルを開く

$ProcessorCount  ▪  $MessageGroups  ▪  ...

ファイル名の操作における新機能 »

FileNameSplit ファイル名をディレクトリと名前の部分に分ける

FileNameJoin 要素のリストからファイル名を組み立てる

AbsoluteFileName 使用中のファイル名の絶対名を決定する

DirectoryQ  ▪  FileExistsQ  ▪  FindFile  ▪  FileBaseName  ▪  FileExtension  ▪  ...