バージョン7.0の新機能:可視化とグラフィックス

Mathematica の可視化とグラフィックスの機能のユニークな基盤の上に構築されたMathematica 7には,いくつかの重要な新しい分野が加えられている.Mathematica 7では,特に統合と自動化が重視されており,組込みのベクトルの可視化,自動化された動的グラフ化,完全に一般化されたスプラインとNURBSが導入されている.

参照項目参照項目

ベクトルの可視化の新関数 »

StreamPlot ベクトル場関数からストリームプロットを作成する

VectorPlot ベクトル場関数からベクトルをプロットする

StreamDensityPlot ベクトル場関数とスカラー場関数のプロットを重ねる

ListVectorPlot  ▪  VectorPlot3D  ▪  LineIntegralConvolutionPlot

可視化の新関数

DiscretePlot 式で指定された離散列をプロットする

DateListLogPlot  ▪  ListCurvePathPlot  ▪  FindCurvePath

グラフ化の新関数 »

BarChart  ▪  PieChart  ▪  BubbleChart  ▪  RectangleChart  ▪  Histogram  ▪  ...

BarChart3D  ▪  PieChart3D  ▪  BubbleChart3D  ▪  Histogram3D  ▪  ...

パレット チャートエレメントスキーム グラフの幅広いスタイルオプション

新しいグラフィックスオブジェクト »

Cone  ▪  Tube  ▪  BSplineCurve  ▪  BSplineSurface  ▪  BezierCurve  ▪  ...

新しいグラフィックススタイル設定機能

CapForm  ▪  JoinForm  ▪  RoundingRadius  ▪  ...

完全に一般化されたスプライン »

BezierCurve 2Dまたは3Dの任意の次数の合成ベジエ曲線

BSplineCurve 2Dまたは3Dの任意の次数のBスプライン(NURBS)曲線

BSplineSurface 任意の次数のBスプライン(NURBS)面

SplineDegree  ▪  SplineKnots  ▪  SplineWeights  ▪  SplineClosed  ▪  ...

新しい音声関数

Speak  ▪  SpokenString  ▪  ...