バージョン8.0の新機能:システムインターフェースと配備

バージョン8.0では,共有ライブラリから関数をロードする新機能が導入されている.これにより,外部コードを Mathematica に組み込む新しい方法が提供される.また,CUDAおよびOpenCL環境への新しいリンクを使ったGPU計算のサポートも加わっている.バージョン8.0はCコード生成,Cコードの記号表現,Mathematica が利用できるプラットフォームにおける標準Cコンパイラを実行する Mathematica 関数を含む,Cコードを利用するための新しいツールも備えている.

参照項目参照項目

ダイナミックライブラリリンキング »

LibraryFunctionLoad 共有ライブラリからWolfram言語に関数をロードする

LibraryFunction 共有ライブラリを呼び出す関数

LibraryFunctionInformation ライブラリ関数についての情報

LibraryFunctionUnloadLibraryUnload 関数とライブラリをアンロードする

FindLibrary, $LibraryPath システム特有のファイル拡張子を決定してライブラリを探す

CUDALink を使ったGPU計算 »

CUDAInformation 全CUDAデバイス情報をリストする

CUDAImageConvolve 画像を指定のカーネルとたたみ込む

CUDAFunctionLoad CUDAを使ってGPUで実行するユーザ定義の関数をロードする

CUDAErosion  ▪  CUDADilation  ▪  CUDAFourier  ▪  CUDADot  ▪  ...

CUDAMemoryLoad  ▪  CUDAMemoryAllocate  ▪  SymbolicCUDAFunction  ▪  ...

OpenCLLink を使ったGPU計算 »

OpenCLInformation 全OpenCLデバイス情報をリストする

OpenCLFunctionLoad OpenCLを使ってGPUで実行するユーザ定義の関数をロードする

OpenCLMemoryLoad  ▪  OpenCLMemoryAllocate  ▪  SymbolicOpenCLFunction  ▪  ...

Mathematica プログラムからCを生成する »

Export Wolfram言語がコンパイルした関数をCコードにエキスポートする

CCodeGenerate Wolfram言語がコンパイルした関数をCコードにエキスポートする

CCodeStringGenerate  ▪  SymbolicCGenerate  ▪  LibraryGenerate

Cコードの記号表現 »

ToCCodeString 記号的なCの式をCコードの文字列に変換する

CAddress  ▪  CAssign  ▪  CBlock  ▪  CCall  ▪  CFor  ▪  CFunction  ▪  ...

CIf  ▪  CMember  ▪  CPointerType  ▪  CReturn  ▪  CStruct  ▪  ...

Mathematica からCコンパイラを呼び出す »

CreateExecutable Cコードから実行ファイルを作成する

CreateLibrary Cコードからライブラリを作成する

並列計算におけるパフォーマンスの向上

Parallelize(変更) パフォーマンスの向上,定義の自動分配

LaunchKernels(変更) カーネルの起動におけるパフォーマンスの向上

DistributeDefinitions(変更) 定義の分配におけるパフォーマンスの向上

スタンドアロンのWolfram言語のスクリプト

-script ファイルのコマンドをスクリプトモードで実行する

MathematicaScript Wolfram言語のスタンドアロンスクリプトを実行する

$ScriptCommandLine Wolfram言語のスクリプトに与えられた引数